耐震補強工事の費用と効果の関係

生活の拠点である家は、普段は風雨から住民を守ってくれます。しかし、災害時には限界が来て壊れてしまうかもしれません。特に日本は、大陸プレートが交差する地点で、大地震が起こる可能性の高い国です。もちろん、中規模、小規模の地震もよく起こります。一応、家をたてるときには法律で耐震基準が定められていますが、古い家だとその耐震基準が現在の基準よりも低かったり、家の老朽化で耐震性が落ちていることもあります。耐震性の高い家に建て替えれば問題はないのでしょうが、なかなかそういうわけにも行きません。そうなると、耐震補強工事をして、耐震性を高めていくのが現実的です。では、耐震補強工事はどのくらいの費用が必要で、効果の程はどのくらいなのでしょうか。その疑問について解き明かしましょう。

耐震補強工事にかかる費用はいくらか

耐震補強工事の費用は建物によりますし、工事内容にもよりますが、屋根を軽くしたりするとして100万円前後、外壁や基礎を補強して50万円から100万円くらいの費用が目安となります。ひび割れが出て切る壁の場合には、内側あるいは外側に鉄筋コンクリートの基礎を増し打ちすると1メートルあたり5万円くらいかかりますが、ひび割れている部分に液ポジ樹脂を注入する場合には1箇所につき1万円から2万円と安上がりとなります。木造の場合には、建材がばらばらになってしまう恐れがありますから金具を設置する必要が出てきて、それも30万円から50万円くらいがかかります。また、参考までに東京都が公開している耐震補強工事を行った場合の平均費用を見ていくと、木造住宅で1棟あたり150万円から200万円、鉄筋コンクリート建造物で床面積1㎡あたり1万5千円から5万円です。工事を行いたい家の床面積から計算してみましょう。

耐震補強工事をすれば地震に耐えることは出来るのか

耐震補強工事をすると、それだけで安心してしまいそうですが、実際にどのくらいの効果が生まれるのでしょうか。一般的に行われる耐震補強工事を見ていくと、壁に筋交いを入れて地震の揺れがもたらす力に対抗する、柱などに金物を取り付けてそれらの強度を高める、壁に構造用合板を貼り付けてより強固な壁にする、家を支える基礎部分を補強して揺れに耐える、という事になります。これらの工事を行い、耐震診断で上部構造評点が1.0にまで高める事ができれば、震度6の地震が来てもほとんど倒れる心配はありません。無論、完全にというわけではなく、ほんの数%は倒壊してしまう可能性は残っています。それは耐震補強故事で手抜きが行われたというよりも、家の構造的に問題があり、重心にかかる力(偏心)によって建物にねじれが起きてしまうことが原因です。このようなケースを避けるための補強が必要になります。