耐震補強工事の最新技術を紹介します

耐震補強工事とは耐震性に問題のある建物を補強工事によって耐震性を高めるというものです。耐震性を高める基本的なものとしては、屋根の軽量化、壁の補強、柱の接合、建物の基礎の補強などがあります。また部屋に中に耐震性のある部屋を作るといった方法もあります。いずれにしても耐震補強工事は費用が相応に掛かるため、その建物に似合ったものを行う必要があります。補強工事では金具を使って固定するといったものが一般的ですが、近年は集成材などで作られた耐震壁を柱と柱の間にはめ込むといった工事法も取られており、簡単な工事で耐震性を高めることができますし、外側の壁を補強するという方法もあります。また屋根を瓦屋根から軽量な金属屋根に交換する方法などで屋根を軽量化し耐震性を高めることもできます。

耐震補強工事の必要性とその種類

日本の建物は厳しい耐震基準によって設計されており、高い耐震性を有しています。しかし、耐震基準は年代によって異なっているため古い住宅では最新の耐震基準を満たしていないものも多くあります。このため耐震性を補強するための工事が耐震補強工事になります。特に耐震補強工事を行う必要があるのは1981年以前に建てられたもので、いわゆる旧耐震基準と呼ばれます。これらの建物は大地震が来ると倒壊するリスクがあります。耐震補強工事の種類としては建物そのものを行う工事としては壁の補強、屋根の軽量化があり、また経年劣化によって腐食した箇所の修繕工事などがあります。また古い建物では基礎が弱いため、基礎を補強するなどして建物に対しての揺れを抑えるといった方法などがあります。

最新の耐震補強工事のメリットとは

耐震補強工事を行うさいには、無闇に行うのではなく実際に建物の構造という観点から適切な補強を行う必要があります。もっとも手軽に行えるものとしては、屋根の軽量化があります。瓦屋根はその性質上重たくなり、そのため建物に掛かる荷重も大きくなりため耐震性を落としますが、金属屋根にすることで軽量化ができます。屋根の工事であれば日常生活を行いながら補強工事ができるメリットがあります。また壁の場合には筋交いや耐震壁を使うといった方法がありますが、いずれも壁を剥がす必要があります。このため、近年は外部に壁や筋交いを作って耐震性を高めるといった方法もあります。外部に作る場合には見た目がやや悪くなりますが、室内を触らないので日常生活を送りながら工事が出来るメリットがあります。